ネット予約はこちら

抜かない矯正(非抜歯矯正)

歯を抜かない矯正(非抜歯矯正)

私たちのアゴの骨は、年齢が低いほど弾力性に富んでいます。

当院の矯正治療では、この骨の弾力性と上下の骨の成長を考慮しながら、正しい咬み合わせに歯列を導いてきれいな歯並びに育てます。

歯がきれいに並ぶためには、生えてくるべき場所が確保されていなければなりません。成長の遅れている上下のアゴの骨を正常な大きさにまで拡大したり、奥歯をさらに奥に動かしたり、歯並びをつくる6歳臼歯を正しい位置に動かしたりする様々な方法によって、永久歯がきれいに並ぶようにしていきます。

スペースがないからと無理に永久歯を抜くことがありませんから、痛みなく矯正治療ができます。無理に拡げるのではなく本来あるべき成長発育にまで戻すことが基本になります。

また、頭の骨とアゴの骨とのバランスが大事なのです。そのために矯正治療を行う前に十分な検査を行います。

矯正治療前
矯正治療前1
矯正治療前2
矯正治療前3
矯正治療前4

矯正治療後
矯正治療後1
矯正治療後2
矯正治療後3
矯正治療後4


歯を抜かず治療しています。

目立たない矯正装置

矯正装置が目立つことを気にして矯正を敬遠している方がいましたが、現在では、つけていることがほとんど目立たない歯の色に近い装置や透明な装置、歯の裏側につける矯正装置を使って、周りの人に気づかれずに矯正治療ができます。若い世代では美の基準も変わり、歯並びやきれいな口元を演出する時代になってきました。

歯の裏側に装着するリンガル装置
歯の裏側に装着するリンガル装置

歯に似た色の目立たない装置
歯に似た色の目立たない装置


.

現在当歯科医院では人目に付きやすい上顎前歯部は歯質と同色のセラミック製ブラケットを装着し、目立ちにくい歯に対してはセラミック製に比べ形態的に小さく頬粘膜・唇粘膜等に傷つきにくい(口内炎になりにくいように、通常使用されているメタルブラケットよりより小さい)メタル製ブラケットを採用しています。

成長発育を利用する早期治療

抜歯をする矯正は、永久歯の歯並びが完成するころから始めます。

当院では抜歯をせずにきれいな歯並びを得るために、骨が成長過程にある低年齢から始めます。

早期に矯正治療をおすすめする理由に、最近の子どもに見られる口呼吸の問題があります。口で呼吸する人は口の中での舌の位置が悪く、歯が並ぶスペースがなくなったり、猫背になったり、前歯を押し出したりなどの影響が出て顔貌が変形していきます。

しかし、早期に治療を始めることで、これらの影響を防ぐことができるのです。

矯正治療前
矯正治療前

矯正治療後
矯正治療後


.

矯正治療に使用する材料

当院で矯正治療に使用する材料をご紹介します。

形状記憶合金ワイヤー

形状記憶合金ワイヤー:冷水に触れると柔らかくなる性質があり、治療初期の装置装着時におこる痛みを「うがい」によって緩和することができます。治療に使用する器具はすべて完全滅菌にて個別にご用意しています。

使い捨てできる材料は感染防止のため、すべて「使い捨て」

また、使い捨てできる材料は感染防止のため、すべて「使い捨て」にして治療を行っています。
.

■お子様の歯の矯正についてよくあるご質問

Q:何歳くらいから矯正治療をはじめれば最適ですか?
A:患者さまの症状の程度によります。一度詳しく矯正検査をお受けいただき、それからの判断となります。(矯正検査費用:10,500円)矯正治療は何歳からでも始められますが、時期が遅れますと健康な歯を抜かなくてはならなかたり、仕上がりが変ってくる場合がございます。お早めにご相談下さい。
Q:費用はどの程度ですか?
A:矯正検査費用が最初に10,500円(税込み)必要です。
その後、本格矯正に移る場合は40万円~100万円程度です。
これは患者さまのお口の状態によって費用、期間が変わってまいります。
Q:矯正治療の期間はどの程度ですか?
A:矯正期間は患者さまのお口の状態によって期間が変わってまいります。
6歳頃からスタートされた場合、だいたい12歳臼歯がはえそろう時期の6年程度です。
Q:ムーシールドの矯正治療の費用はいくらですか??
A:矯正検査費用が最初に10,500円必要です。
その後、ムーシールド治療は30万円(税別)程度です。
その後、本格矯正に移る場合があります。

上顎第二小臼歯舌側転位症例

初診時年齢 14才 男性

通常なら、上顎の内側に転位した、第二小臼歯を抜歯される症例と思われますが、当医院では、3Dセクショナルアーチ(3D sec)を装着して、大切な永久歯を抜歯しないで矯正治療を行うことにより、上下顎の咬み合せの高さを高くする(本来の正常歯列の高さにする)治療を行っています。非抜歯矯正治療により、下顎骨の右側へのズレを防止し、顎関節への負担軽減、(顎関節症の防止)を考慮した治療法と考えています。

初診時年齢 22才 女性 矯正治療期間:3年5ヵ月


通常なら、4本の第二小臼歯と4本の智歯を抜歯される症例と思われますが、当医院では、埋伏している4本の智歯のみ抜歯し上顎は3Dクワッド・へリックスにて歯列拡大、下顎は3Dリンガルアーチを装着して、近心傾斜している下顎右側第二大臼歯を整直させ、下顎両側第一大臼歯も整直させました。後にフルブラケットシステムで大切な永久歯を抜歯しないで矯正治療を行う、非抜歯矯正治療により、初診時訴えていた、肩こり、耳鳴り、右側顎関節のクリック音も改善され、顎関節への負担軽減がはかれた症例と思われます。

初診時年齢 15才 女性 矯正治療期間:3年2ヵ月

通常なら、4本の第二小臼歯と4本の智歯を抜歯される症例と思われますが、当医院では、下顎は3Dリンガルアーチを装着して、舌側傾斜している下顎左側第二小臼歯を整直させ、下顎両側第一大臼歯も整直させました。埋伏している4本の智歯のみ抜歯し上顎は3Dクワッド・へリックスにて歯列拡大後にフルブラケットシステムで大切な永久歯を抜歯しないで矯正治療を行う、非抜歯矯正治療を行いました。

初診時年齢 25才 女性 矯正治療期間:2年5ヵ月

10年前位から両側肩こり、数年前からは両側腰痛に悩まされていました。2年前右下親知らずを抜歯してから、右側顎関節にクリック音を伴う顎関節症になり不定愁訴も増悪しました。初診時下顎は上顎正中に対して3㎜左側に変位していました。当医院では、下顎にハードタイプスプリントを装着し、下顎を生理的な筋肉位に是正することで不定愁訴も軽減されました。通常なら、4本の第二小臼歯を抜歯される症例と思われますが、上顎は3Dクワッド・へリックスにて歯列拡大、下顎は3Dリンガルアーチを装着して、近心傾斜している下顎両側第一大臼歯を整直させ、下顎犬歯間副径を拡大することで下顎前歯部の叢生を改善しました。後にフルブラケットシステムで大切な永久歯を抜歯しない非抜歯矯正治療にて行いました。初診時訴えていた、不定愁訴(肩こり、腰痛、右側顎関節のクリック音等)も改善され、上下顎の正中も一致し顎関節への負担軽減がはかれた症例と思われます。

院長撮影

メール相談フォーム

矯正治療に関するお問合せを承っております。以下のフォームよりご相談下さい。

診療の合間を見て、ご相談に応じさせて頂いております。お返事にお時間がか かる場合がありますがどうかご了承下さい。

また、1週間過ぎても返事がこない場合はサーバー上の問題が考えられますので吉本歯科医院(043-292-6480)までお知らせ下さい。

■お名前(※必須
■性別(※必須 女性 男性
■年齢
■メールアドレス
※必須
■連絡先電話番号
※必須
■ご住所(※必須
■職業
■ご相談内容
※必須
■HP公開(※必須 構わない 載せないで欲しい
※ホームページ上にご相談内容を公開しても良い方は、「構わない」を選択して下さい。※ホームページ上にご相談内容を公開しても良い方は、「構わない」を選択して下さい。
※ご質問のメールアドレスの不備で、回答のメールが届かないことが少なくありません。送信される前に、もう一度ご自分のアドレスに間違いがないか、ご確認をお願 い申し上げます。

このページのトップへ

コンテンツメニュー

インフォメーション

ネット予約はこちら