ネット予約はこちら

削らない治療 接着ブリッジ

接着ブリッジ~歯を削らない歯冠修復法~

ご自分の歯をできるだけ抜きたくない、また歯をこれ以上削りたくないといと思われていらっしゃる方、ご相談下さい。私が患者さまにもっともお伝えしたい技術のひとつがこの「接着ブリッジ」です。

削る量が少なければ,将来抜かずに治療でき,抜歯になる時期を大幅に遅らせることができ,よく噛めて元気に生活することができます。

通法だと50歳で抜かなければならなくなる歯の寿命を70歳ぐらいにまで延命させることができます。歯は一度削ってしまえば元には戻りません最初の治療が肝心なのです。

接着ブリッジで治療した部位がダメになっても,治療するのに十分な歯が残っています。10年以上かけて何回かやり直ししたとしても,ようやく通法の削除量になります。その分高齢になっても歯の根っこが残ることになります。

つまり取り外し式の違和感の大きい入れ歯ではなく,カブセでシッカリ噛める為には土台となる歯を残す必要があるのです。

最初の治療で通法を選択してしまうと,歯が抜け落ちるのも時間の問題になります。

接着ブリッジ

歯の削る量がとても少なくてすむ歯冠修復法

接着ブリッジ
削る量が少ない接着ブリッジ
接着ブリッジでは歯を削る量が髪の毛1本分で通法の1/10程度で十分です
接着ブリッジ1
接着ブリッジ2
接着ブリッジ3
咬む面や側面にご自身の歯を残せますので違和感ありません。噛み合わせの高さも変わりません。

通法
通法では隣在歯を大胆に全面全周にわたって削ります
通法では隣在歯を大胆に全面全周にわたって削り,金属で被いかぶせるようになります。
通法1
通法2
通法3
咬む面を金属で被いかぶせるので多少なりとも噛み合わせが異なります。


.

特殊な硬質金合金を使用することで,金属厚みを薄くしても歪みで外れたり折れたりしにくくなります。これにより削らないといけない歯の量を減らし,むし歯にもなりにくくなります。

通常は隣在歯を大胆に全面全周にわたって削り,金属で被いかぶせるようになります。

歯を削る量は使用する金属量に比例して必要です。硬質金合金を使用することで,十分な強度を持って使用する金属量を大幅に減らすことができます。

当院の接着ブリッジは、高度先進医療に指定されている、岡山大学方式を採用しています。(保険適用外)

院長撮影

メール相談フォーム

削らない治療 接着ブリッジに関するお問合せを承っております。以下のフォームよりご相談下さい。

診療の合間を見て、ご相談に応じさせて頂いております。お返事にお時間がか かる場合がありますがどうかご了承下さい。

また、1週間過ぎても返事がこない場合はサーバー上の問題が考えられますので吉本歯科医院(043-292-6480)までお知らせ下さい。

■お名前(※必須
■性別(※必須 女性 男性
■年齢
■メールアドレス
※必須
■連絡先電話番号
※必須
■ご住所(※必須
■職業
■ご相談内容
※必須
■HP公開(※必須 構わない 載せないで欲しい
※ホームページ上にご相談内容を公開しても良い方は、「構わない」を選択して下さい。※ホームページ上にご相談内容を公開しても良い方は、「構わない」を選択して下さい。
※ご質問のメールアドレスの不備で、回答のメールが届かないことが少なくありません。送信される前に、もう一度ご自分のアドレスに間違いがないか、ご確認をお願 い申し上げます。

このページのトップへ

コンテンツメニュー

インフォメーション

ネット予約はこちら